電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 怪盗ナイトミーナ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

誓瑛学園の生徒会長、愛原美奈の正体。
それは、怪盗ナイトミーナ——人々から不当に奪われた財産を取り戻す義賊マジシャンである。

今宵も悪徳資産家、金成の屋敷へと忍び込む彼女だが、思いも寄らぬ罠に囚われてしまう。
そして裏社会のステージで、羞恥の肉手品を披露させられるのだった。
乳房を搾られては母乳を噴き出し、果ては衆人環視の中、屈辱の破瓜さえも……。

やがて解放されるミーナ。しかし金成の魔手は学園まで巻き込んでいく。
悪趣味な余興に晒される生徒会長美奈は、生徒集会の壇上でバイブ貞操帯に辱められ、ついにはその正体を生徒の前で暴かれることに。
さらに破廉恥怪盗として、男子生徒の肉私刑を受けるのだった。

白濁に染められるマジシャンのコスチューム。
だが、陵辱のステージは、まだ始まったばかり……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001415
ファイル名/ファイル容量
BJ001415.zip / 3.63MB (3801561Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「怪盗ナイトミーナ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

スケベな奇術に散らされる美人生徒会長の純潔

2011年12月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

昼間は生徒会長、夜は美少女怪盗。そんなヒロインが金持ちに、男子生徒達に犯されてしまう二次元ドリームノベルスです。

このヒロインは二次元ドリームノベルスには珍しく特別な力などありません。父より受け継いだ手品の技で悪い金持ちから美術品を盗み出す義賊です。
そんな彼女が入り込んだ屋敷で、あえなく捕まってしまうヒロイン。金持ちは警察に突き出す事無く、主催する地下のパーティーでヒロインの体を使ったマジックを披露していくのです。

意にそぐわないまま金持ちの手品に協力させられるヒロイン。
きわどいコスチュームから胸が零れ落ち、レオタードの布地をずらされて女陰を△モクバに食いこまされ。
うなぎに全身を弄ばれながら屈辱の破瓜を迎えます。

そこまでが第一幕、メインともいえる第二幕は体育館での
男子生徒全員との乱交です。
生徒会長として演説していたヒロインが、遠隔操作の玩具でヨガリ、あえぎ、正体を知られてしまいます。

世間をにぎわす怪盗が生徒会長だったと知って、男子生徒達は金持ちの甘言に踊らされ、そこからは輪姦の嵐です。
穴という穴を使われるうちにだんだんと壊れていき、
愛する父親の幻覚まで見てしまうヒロインの痴態は必見です。

衆人環視の羞恥シチュが好きな方にお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

正義の怪盗の恥辱劇

2008年07月23日  

このレビューは参考になった×2人

作品紹介にもある通り、
ヒロインへの責めは全て衆人環視の下で行われる為、
羞恥描写・言葉責め等が豊富である。

怪盗という設定から想像できる通り、
悪の成金に捕らえられ、拘束されたままで淫らな見世物にされ、
抵抗しながらも処女を散らされたり、
軟体生物をけしかけられて無理矢理感じさせられたりと
一通りの見せ場はある。

ヒロインが自分の父親に肉親として以上の
愛情を持っているという設定に抵抗が
無ければ最後まで楽しんで読み進めることができるだろう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]