電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > メルティマリア 復讐の魅戦士

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

兄の仇を取るため、メルティマリアへと変身し悪の秘密結社グレヴディガーと戦い続ける少女——希理香。彼女は潜入した敵アジトで、殺されたはずの兄と再会する。なんと彼はグレヴディガーに改造され、怪人として希理香の前に立ちはだかったのだった。

兄への想いを逆用され、窮地に陥る希理香。活動限界を迎えたスーツが溶け出し、透けた布地が羞恥を誘い、淫靡なぬめりが股間と乳房を淫らな刺激で苛む。

為す術もなく敵の手に落ち、衆人環視のさなかで嬲り者とされるメルティマリア。かつて彼女の戦いに巻き込まれた人々に罵声を浴びせられながら、身体中を肉棒と白濁液の餌食にされる。
その身に纏った真紅の衣装もろとも、少女の理性が溶け崩されていくのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001414
ファイル名/ファイル容量
BJ001414.zip / 3.82MB (4002079Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「メルティマリア 復讐の魅戦士」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

変身ヒロインのコスチュームが溶けていく

2011年12月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

メルティの名の通り、戦闘用のコスチュームがどんどん溶けていっちゃうヒロインの凌辱ノベルスです。

もともと肌もあらわだったスーツが、活動限界を迎えてだんだんと溶けていく表現は、文章でもイラストでもされていて、
二次元ドリームノベルスならではといった魅力を感じさせます。
大事なところを手で隠す所、おっぱいが丸見えなのに大立ち回りをする所、ヒロインを大勢で犯す市民たち、必要なシーンが挿絵になって想像を助けるのはこのレーベルならではの魅力です。

他の変身物と比べてこのヒロインは冷酷です。そんな彼女が、今まで帰り見なかった市民たちに犯されると言う所が見どころの一つです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

シリアスな世界観と非情なヒロイン

2008年07月23日  

このレビューは参考になった×0人

作品の副題に『復讐の』と記載されているところからも
想像できるが、近作のヒロインは非情な性格であるのが特徴。
(市民の安全や救命は二の次)

そうした設定を、『市民から罵声を受けながら
男達に凌辱される』といった、後の展開に繋げているのは○。
二次元ドリームノベルズではよくあることだが
肉親への恋慕は近作のヒロインも持っており、
悪の手で改造(?)された兄に激しく動揺し、
凌辱されて心が折れていく流れは読んでいて飽きさせなかった。
容赦のないヒロインが容赦なく堕とされていく展開に
興味があるならば一読の価値有り。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]