電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ザクラリッターミズキ > ザクラリッターミズキ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「さあ、ドキドキさせちゃうよ!」——天使・プリンの使命を受け、ひょんなことから正義の変身ヒロイン・ザクラリッターとなった瑞希と沙耶。
魔界から人間界に溢れ出てしまった「罪の想念」を回収すべく、二人で協力し合い任務を果たしていく。

そんなある日、プリンがさらわれてしまう事件が起きる。
救出に向かった彼女たちを待ち受けていたのは、多量の想念を持つ謎の男と同級生の男子生徒たちだった!?

瑞希たちはプリン救出のため、六時間目まである過酷な陵辱授業を受けなければならない。
自らの武器であるアリスティアリボンで縛られ、コスチュームのスクール水着に精液を塗りたくられて、恥辱の底まで落とされる。
逃げ場のない白濁の宴に彼女たちの嬌声が飛び交うのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001399
ファイル名/ファイル容量
BJ001399.zip / 2.87MB (3014239Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ザクラリッターミズキの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ザクラリッターミズキ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

スク水が白濁に濡れる

2011年12月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

二人の変身ヒロインがクラスメイトから辱めを受けていく二次元ドリームノベルスです。

巨乳ヒロインと貧乳ヒロインが、共に生徒を人質に取られながら、その生徒にエッチな授業で凌辱されていきます。
パイずり勝負で負けた方は恥辱の罰ゲーム。
親友を思いながらも負けたくないと必死で頑張る姿にゾクゾクするような方にお勧めです。
主にやられちゃうメインヒロインは、精神的にはかなり未熟でエッチなことに耐性がありません。嫌がりながら巨乳を揺らし、肉棒を加える姿は興奮しました。

破瓜はクラスの嫌われ者の男子によってです。
嫌悪感を隠さないまま犯され、狼狽しながら「ヌイテ、ヌイテ」と恥知らずに叫ぶヒロインは一体どうなってしまうのでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

スク水+汁

2008年07月23日  

このレビューは参考になった×2人

人質をとられた美少女戦士二人が
謎の青年から授業と称した恥辱責めを
受けていく・・というストーリー。

責め役は謎の男の他に同じ学園の男子達もいるので、
羞恥を煽るシチュエーションでストーリーは進行していく。

スクール水着をこすりつけて床の精子を掃除させたり、
水着で秘所をしごかれたりとフェティッシュな責めも豊富。

凌辱を受ける二人のヒロインもそれぞれタイプが違い、
均等に凌辱されるので全体的に良作。

ただ、二次元ドリームノベルズではおなじみだが、
例によってハッピーエンドとなるので
BADエンド好きな方は、あらかじめ覚悟しておいた方が良い。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]