電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > プリンセスヴァルキュリア 戦女神マリス

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年04月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数257
ジャンル

作品内容

未来を司る女神マリスは、主神オーディンを裏切り世界の終末ラグナロクを引き起こした邪神ロキと戦い、最後の戦女神として相討ちを果たす。

——時は流れ、人間界に転生した彼女は、人間としてその役割を終えようとしていた。しかし、滅ぼしたはずの仇敵ロキもまた転生していたことを知り、繰り返されるラグナロクを阻止すべく決意を固める。だがその先に待ち受けていたのは、ロキの生み出した三匹の魔獣ヨルムンガルド、フェンリル、ヘルによる淫辱の宴だった。

肛穴を穿られ、純潔を散らされ、屈辱の獣姦に貶められる戦女神。さらにはかつて邪神の手にかけられたはずの二人の姉女神セレスティン、フェリシアによる禁断のフタナリ責めに悦鳴をあげてしまう……。邪神の姦計によって神々の黄昏は再び引き起こされてしまうのか!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001382
ファイル名/ファイル容量
BJ001382.zip / 4.28MB (4491217Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリンセスヴァルキュリア 戦女神マリス」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件