SKR774さんのレビュー一覧

投稿数ランキング : -
総レビュー数 : 2

いちおし作品

◯たくの娘さん
◯たくの娘さん
BATTLE TRAVERSE
BATTLE TRAVERSE
     
2件中 1~2件目

オススメ!「似てる」で終わらない新たなプレイ感

2016年07月11日  

このレビューは参考になった x 2人

BATTLE TRAVERSE
Naut Mark
1,296円 / 120pt (10%還元)
全5面の弾幕系2D横スクロールシューティング。
同人ゲームシューティングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2015年06月22日
  • DL : 85
  • (31)

レビュアーが選んだジャンル :

CAVEを思わせるSTGは数あれど、この作品は単なる模倣に甘んじていない。
種々の要素を上手く取り入れて、新しい独自のプレイ感へと消化している。
似ているからと同じセオリーで動くと、上手く行かないもどかしさを感じる事もあるだろう。
全く新しいゲームとして、上達を楽しむ事が出来る。
更に、丁寧に書き込まれたグラフィックと、各所の熱い演出も必見だ。
強敵と対峙した緊張や高揚、その敵に勝利した達成感、これらも十分に味わう事が出来る作品である。


最も上手く消化していると感じたのは、稼ぎシステムだ。
恐らく、ケツイ・プロギア・ガルーダに影響を受けたモノであろう。

ケツイは、素点が高い敵の知識が求められた。
プロギアは、ファイター・ガンナーの使い分けが求めらた。
ガルーダは、画面を弾で埋め尽くす粘りが求められた。

この作品ではこれらの敷居の高さが解消されている。
基本的な稼ぎ動作は、「弾が大量に重なった敵を集中砲火する」という簡潔な形で表現されるのだ。
しかしハイスコアを目指すと、途端に本家と似た要素が求められてくるのも面白い。
敷居は低く・やり応えは深く調整されている。

ただし難点もある。
破壊タイミングのわずかなズレで、時に獲得スコアが数十倍も変動してしまう。
赤い刀の不満点が、そのまま再現されている印象である。


2DSTGが好きな人には、是非お勧めしたい。
また、STG未経験者でも触ってみて欲しい。
一見すると乱雑にバラまかれ避けられないような弾も、
基本的な知識と動作の組み合わせで、安全に打開できる調整である。
避け方の定石を学ぶという観点でも、お勧めしたい。
尚おまけの高難易度モードでは、定石外の避け方も習得できる。


最後にケツイファンへ
二周目突入時の演出は、とても懐かしい気分になれます

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!良い意味で、お父さんになりたくなる作品

2015年11月03日  

このレビューは参考になった x 1人

◯たくの娘さん
The Dungeon In Yarn
1,080円 / 100pt (10%還元)
突然やってきた娘と名乗る少女「坂上まとめ」に 平凡なオタク生活を掻き乱される大伴雄太。 理性と欲望の狭間で雄太は何を見るのか?
18禁同人ゲームデジタルノベルアプリケーション音楽あり
  • 販売日: 2011年01月12日
  • DL : 1280
  •     
  • (715)

彼女でも妹でも無く、娘が欲しい。
最後に心からそう思える事こそ、この作品の魅力であると考える。
主人公「大伴雄太」と少女「坂上まとめ」は、時に大胆に、時に繊細に。
両者が最大限の誠意を模索し相手を気遣う様は、まさに理想の関係である。

また、作中で描かれるまとめの言動は、娘の特徴を良く捉えている。
嬉しい時や恥ずかしい時、言いたい事があるけど言い出せない時など、
子供心を思い出してスムーズに感情移入が出来た。
これにより、まとめの抱く主人公に対する感情がより深く印象付けられる。
彼女は異性では無くあくまで娘として、主人公を慕っているのだ。
この点は冒頭の感想を抱く上で、非常に重要な働きをしていたに違いない。


他に印象深いモノとして、二点ほど挙げさせて貰う。

一つ目は、まとめのグラフィックが場面に応じて細かく切り替わる。
文字で表現すると冗長になりがちな部分が、
視覚要素を通して素直に受け取る事が出来た。

二つ目は、視点移動システム。
堂々と真正面から見てもヨシ、チラ見で覗いて楽しむのもヨシ。
任意に選べる事で、より自分がその場にいるかのような感覚が得られる。

これら以外にも総じて各要素が、明確にシナリオ上の役割を持っている。
特に、ゲームシステムが単なるシステムで終わっていない事は、非常に好印象であった。
絵の可愛さに惹かれた人、コミカルでほのぼのとした話が好きな人。
是非ともプレイして下さい。

抜きゲー期待の人、サンプルでビビッと来たなら間違いは無いですw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:12月15日