松本椎張さんのレビュー一覧

3件中 1~3件目

オススメ!満を持して...

2016年12月20日  

このレビューは参考になった x 2人

ママと
ぽんふぁーず
648円 / 60pt (10%還元)
フルカラー76ページ
18禁同人ソフトデジタルコミックJPEG
  • 販売日: 2016年12月14日
  • DL : 521
  • (221)

レビュアーが選んだジャンル :

ぽんふぁーず様(ほぼ)一年ぶりの新作ですが、待っていたかいアリ!の充実した作品でした。76pのボリュームも読み応えタップリ。リアル&シリアスで陰のあるおねショタを一貫して追求されているのは同人界でも異彩を放っていると思うのですが、もう引退された(?)官能小説家で斎藤晃司さんという方、この方の作風に通じるものをいつも感じます。

 ハッとしたのが技法の発展と言うか、かねてからの持ち味がさらに深まって、効果線や擬音その他漫画特有の記号表現をギリギリまで排し、専ら構図とコマ割りでドラマを描き込んでいくのは、縦画面のナラティブと相まって良質の映画を観るよう。背景の描き込みや表情の陰影付けもこれまでにない入念さです。(文字制限のため未完。全文はぽんふぁーず様のDLsite blogに投稿の予定です)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!上質の文芸映画のような

2015年01月16日  

このレビューは参考になった x 2人

インモラル2 - 一人の少年と二人の女教師・愛欲と背徳の形 -
ぽんふぁーず
432円 / 40pt (10%還元)
「年下の男の子に欲情する女」と「年上の女性に激しく憧れる男子」の背徳的な関係性を描きつづけるぽんふぁーずシリーズ2015年第一弾。32ページフルカラー。
18禁同人ソフトデジタルコミックJPEG
  • 販売日: 2015年01月09日
  • DL : 810
  • (346)

贔屓にさせてもらっている絵師さん・作家さんは多いのですが、同人で「出たら迷わず購入!」に決めているのはぽんふぁーずさんとあとお一方だけです。

 前作『佐助とお国』は大ボリュームの意欲作でしたが、そのせいか似た絵柄・構図・配色(肌色がメインになるのは仕方ないところながら)が多いように感じられ、やや単調とも思っていたところ、今作は内容と分量のバランスがほどよく、描写の過激さが増したこともあって、とても満足出来ました。アナル・前立腺責めはおねショタの華、ですね。

 初期のぽんふぁーずさんは某・プロ作家さんの影響がかなり濃かったと思うのですが、最近は独自の境地を切り開きつつあり、エロスとは別の意味でも一作ごとに読み応え、独特の香気が増しているようです。ページから音楽が聴こえてくるような、とでも言いますか。思うに、漫画以外に映画も相当お好きなのではないでしょうか。

 ブログを拝見するとママショタにも意欲を出しておられるとか。今の品格(ルネッサンス名画『愛の勝利の寓意』をいつも思い出します)はそのままに、一層過激でドス黒い物語も読んでみたいですね。

 いずれにしても、次回作も大いに期待しています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!安定+安心&次回も期待大

2014年01月10日  

このレビューは参考になった x 1人

ナオコさんと僕‐二人だけの秘密の時間‐
ぽんふぁーず
216円 / 20pt (10%還元)
「年下の男の子が大好きな女」と「年上のおねえさんに憧れる男子」の関係を描くぽんふぁーずシリーズの最新作です。
18禁同人ソフトデジタルコミックJPEG
  • 販売日: 2014年01月05日
  • DL : 778
  • (337)

シリーズ全編拝読しています。今回はちょっと間が空いて、画風も若干お変わりになったような。それでも、エゲツないはずの題材をきれいに描く手腕は変わらずさすが。今回は初の挑戦=血縁者との近親相姦ものでしたが、とても満足出来ました。続編も見たいところですね、今度は実母=ヒロインの実姉が絡んできて…とか。ショタ責め風味もさらに過激にしていただければ、とも。ついでに勝手な要望ですが、過去のシリーズをまとめて紙媒体で書籍化したものがあればなあ、と思っています。

 いずれにしても、次回作も期待しています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日