退会さんのレビュー一覧

投稿数ランキング : -
総レビュー数 : 1
1件中 1~1件目

オススメ!エロゲにエロは不要?

2011年01月13日  

このレビューは参考になった x 0人

腐り姫
Liar-soft
2,880円 / 80pt (3%還元)
記憶喪失の主人公が、その失われた記憶を取り戻すべく、奔走するが……。背徳的なエロスと、伝奇的なストーリーを巧みに組み合わせた、インモラルAVG!
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽あり
  • 販売日: 2007年10月19日
  •     
  • (982)

または、エロゲにとってエロは口実なのかもしれない。そう思わせるほど、美しく魅力的な世界。あ、そうは言っても行為のシーンは十分にエロく背徳的な設定も相俟って十分以上に"実用性"もあるから安心して良い。

"欠陥を持つ故に人は疎ましく、また過ちを犯すが、しかし業ともいえるその欠陥にこそ、その人の存在意義があるのだ"という作品の主題は悲しく、美しい。人を侮り、人を利用し、人に欲情し、人を支配し、それでも許され受け入れられる事を望みつづける登場人物達。だがその望みが満たされたとき、その幸せの中でその人はその人でなくなる。そんな悲しい世界感と登場人物達の心情を素朴な音楽が浮き立たせてくれる。また其処此処に隠れた作者の遊び心が楽しい。中から一つだけ、主人公がラジオを聞く場面に出会った時は最後まで聞くことをお薦め。

最後になったが、本作はむしろ多感な年頃のユーザーにこそ見て欲しい。本作の伝えたい主題は人が人とかかわっていく上で書かせない観点であり、それ故本作はむしろ教育的とすら言える。毒にも薬にもならぬ善良な"創作物"では上記の主題を本作ほど深く伝えることはできない。背徳と性行為は上記の主題を訴えるための演出としては不可欠である。現実と演出の違いを見抜く力、作者の伝えたいものを読み取る力、受け手のそういった力を作り手がまず信じなければ良質な作品など作れまい。作り手と受け手のその関係は、法や条例が土足で踏み込んで良い世界ではない。断じて!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:11月17日