色月さんのレビュー一覧

560件中 51~60件目

オススメ!街中で、ダンジョンで身体を狙われるヒロイン。

2018年02月03日  

このレビューは参考になった x 1人

アリサクエスト 恥辱に塗れてもがんばります
シロクロソフト
1,296円 / 120pt (10%還元)
陵辱・調教・搾乳、魔法使いアリサの冒険は前途多難! 段階エロ・敗北イベント有り・はだか徘徊有り・マルチエンディング!
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2018年01月31日
  • DL : 1155
  • (672)

レビュアーが選んだジャンル :

街中での段階エロ+各ダンジョンでの敗北凌辱が内訳となる。まず街中エロはメリハリがついており、堕ちてゆくヒロインを手際よくまとめている。
目的である宝玉のため仕方なく、という体裁で始まるため、最初こそアリサは羞恥と嫌悪を抱く。しかしながら後半はノリノリで犯され、淫乱を地で行く。この淫乱状態も相手とシチュに合わせて振る舞いの描写が微妙に違っている。例えば高圧的な男に対しては従順な雌奴隷に、ショタ相手に対してはエッチなお姉さん風に振舞う。しっかりとその状況に沿ったシーンづくりがされており、アリサはいろんなエロスを披露してくれる。

理性が0になると、町中男性と区別なく交われる全裸徘徊ができる。様々な男どもに道具扱いされても「またご利用ください」と応えるヒロインは、最初の初心な姿を知っているだけにゾクリとくる。立絵エロで構成されているが、そのパターンも豊富であり、満足の出来である。

敗北凌辱は町中とはエロの趣向が違っており、すみわけができている。複数の魔物や盗賊が相手なため、暴力的であり、戸惑いや恥ずかしさが中心の町中と違って一方的に責められる。余裕のない快楽に弄ばれるヒロインが堪能できるのである。

ゲーム部分に関しては一長一短である。難易度が低く、4ルート回収も簡単である。エロを中心とした本作としては、クリアと周回のしやすさを考慮すれば妥当ともいえ、これは長所である。
他方で、RPG部分は味付け程度ゆえに物足りなさがあるのも否定できない。特にバトルでは敵の攻撃種類が少なく、単調になってしまっている。次回作ではゲーム面の改善をお願いしたい。

課題はあるものの、初参加にしてはエロの充実度は高い。今後の活躍・創作を応援するとともに、お手軽オーソドックス作品として本作をお勧めするものである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!ファンでよかったと思える過剰サービスな第4弾。

2018年02月02日  

このレビューは参考になった x 2人

DLsite独占
想聖天使クロスエモーション外伝4
TOUCHABLE
756円 / 21pt (3%還元)
イドムを裏で操る新たな敵、メタモルイドム出現!コスチュームを弱体化し、触手服やバニーガールなど様々な格好に変えられてしまう!果たしてラピスラズリは最後まで戦うことができるのだろうか……!?
18禁アドベンチャーアプリケーション音声あり音楽ありシリアル発行
  • 販売日: 2018年01月26日
  •   
  • (1220)

レビュアーが選んだジャンル :

前作第3弾に続き、今作でも新規立絵(バニースーツ)が登場する。これは今回のメイン怪人であるメタモルイドムのもつ能力故であり、バニー以外にもこの能力ならではの展開を詰め込んである。毎回各エピソードごとに新しいエロシチュに挑戦している本シリーズらしく、短編ながらも充実度の高いエロ作品となっている。

メインであるエロも練りこまれているが、クロエモシリーズ初プレイヤーの方々が過去作に興味を持ちやすいように仕込みがされている。一例をあげるならば、ラピスラズリが過去の出来事であるクロスエモーション本編に言及するシーンである。これは冒頭などの要所に挿し込まれている。エロメインの短編故、テキスト量自体は少ないが、それだけで終わっているわけではない。

本編では今回未登場のエンジェライト視点の作品であったため、改めてラピスラズリ視点で振り返ることによって、該当する場面の彼女の心情が一層、理解される。あの時ラピスラズリがどれほど救われていたか、あの場面ではどれほどの追い詰められていたか、想像力を刺激されるのである。
既プレイヤーは過去作の補完を楽しめると同時に、新規プレイヤーは過去に何があったか興味を惹かれるわけである。

クロスエモーションシリーズは2018年1月末現在、本編と外伝4作発表されているが、新規・既存ファン拘りなくオススメするならば本作がふさわしいと思われる。第4弾ながらも、クロエモらしいエロを楽しみつつ、過去作エピソードを活かした本作は、まさに入門として打ってつけである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

エルフメイドの掌編。

2018年02月01日  

このレビューは参考になった x 0人

DLsite専売
アリアと地下ダンジョン
つきみたけ
540円 / 50pt (10%還元)
メイドエルフのアリアちゃんが地下に落ちて脱出しようと頑張るお話です
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2018年01月28日
  • DL : 569
  • (347)

レビュアーが選んだジャンル :

本作は立絵エロが中心の簡単ARPGであるため、お手頃サイズな出来となっている。不運から地下の暗黒街に堕ちてきたヒロインが脱出を図る、が主な目的であるが、立絵エロもいわゆる「街中モノ」が揃っている。酒場、温泉、クラブ…といった単語・場所にピンときたら是非プレイしてみよう。

またダンジョン内での雑魚に・ボスに捕まるとあれよあれよとエロ攻撃されてしまう部分はよくできている。服装差分とHP低下時の余裕のない泣き顔もそそるもので、ピンチに陥るヒロイン好きな方には気に入ると思われる。
一方で、壁際に追い詰められたり、囲まれたりすると、文字通り手も足も出なくなる。フロアが狭いのでうっかりすると逆転の目がなくなるだろう。本作は短編故、クリアが楽でエロにも役立っているため、この点は特に欠点とも思われないが、長編作品で頻発するのは避けたい。このあたりのバトルデザインの見直しを次回作、検討を願いたい。

全体的にやりたいことを形にしてみた実験的な作品といった印象を受けたが、値段相応のエロさ・可愛さがある。改善点・要望はあっても不満はなく、素直に好感のもてるショートショートなので、本作の経験を活かした次回作に期待するものである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

穢れ知らぬ少女に襲い掛かる悪意。

2018年02月01日  

このレビューは参考になった x 2人

魔法少女プリズム・シャーリー 罠に堕ちた魔法少女 ~終わらない輪姦地獄~
No Future
540円 / 50pt (10%還元)
「もう止めてっ……これ以上犯さないで……!」正義の魔法少女が、卑劣な罠に嵌り、一般人による輪姦地獄へと堕ちていく――
18禁同人誌イラスト+ノベルPDF
  • 販売日: 2017年12月04日
  • DL : 671
  • (336)

レビュアーが選んだジャンル :

変身魔法少女ヒロイン×クズ市民による輪姦劇となっている。第1話ということだが、容赦ない凌辱を起承転結の手際よくまとめているので不完全燃焼感はない。

メインである輪姦劇は、副題通りの「終わりなき」といえるほど連続して行われる。最初の前戯、失意の処女喪失と、しっかりと手順を踏まえた直後の二人目、三人目…と犯され続ける描写はなかなか勢いがある。特に体位やプレイが大きく変わりながら矢継ぎ早の凌辱はスリリングである。

魔法「少女」の部分にも力を入れており、それらしい可愛さが冒頭に仕込まれているのも好い。たとえば変身前の自分に自信がなかったり、男たちの好奇な目に恥じ入ったりと年頃相応の初々しさが可愛らしい。清純さを印象付ける丁寧な描写が、その後の輪姦を盛り上げてくれる。特に凌辱者たちの卑しさ、あくどさは前面に出ており、その対照性の大きさも貢献している。

本作はクズ市姦であるため、絶対に負けないヒロインが、絶対にヒロインに勝てない雑魚に敗北するという、おいしいシチュへの熱が込められている。付帯的に、守るべき人たちに裏切られ、信じていたもの、戦う意義の否定と、ヒロインは心までも犯されたことになる。このあたりももれなく描かれており、ありがたい。

同好の士たちには本作を強く進めると同時に、作者様方には次作の早めの発表を期待するものである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

美少女でも、所詮はロボット。

2018年02月01日  

このレビューは参考になった x 0人

『ザー○ン処理機』となったメイドロボ。
kurai屋
756円 / 70pt (10%還元)
外見は普通の少女を無理矢理レイプ!若干のハードな表現を含みます
18禁同人誌イラスト集JPEGPDF同梱
  • 販売日: 2015年05月23日
  • DL : 456
  • (244)

レビュアーが選んだジャンル :

清純なロボット娘が無残に犯しつくされる作品である。ロボット娘とはいっても、外見や作りは生身の人間に近く、価値観も大きく違っているわけではない。それ故、不埒な行いには反抗もするし、暴露するとはっきり抵抗の意を示す。そういったまっすぐさ、綺麗さがスパイスとなり、度重なる凌辱が引き立つ。

ハードな内容となっているがその一因は、野郎どものヒロインに対する態度であろう。口では「可愛い」や「愛しているよ」などとうそぶくが、性処理としての扱いしかしない。気まぐれや飽食から残酷なことを平然とする。
どれだけ心惹かれようとも、「ロボットだから」で軽く片付けられる非情さがにじみ出ており、紹介文から察せられるとおりの悲壮感の高い作品となっている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!強い意志をもつ巫女を屈服させる妖怪たち。

2018年01月29日  

このレビューは参考になった x 1人

神楽黎明記 ~ちはやの章~
でぼの巣製作所
3,240円 / 600pt 20%還元
退魔巫女を目指す犬童ちはやは「かつて修行を共にした仲間に会いたい」そんな想いから研修を受けることを志願する。条件である卒業試験に合格していない、ちはやに対して社機関はとある条件を提示してくるのだが……
18禁ロールプレイングアプリケーション音声あり音楽あり動画あり体験版
特典コードつき

こちらのシリアルナンバーは、メーカー公式ページで会員登録をされる際に必要となります。

会員登録いただく事により、ご購入された製品のサポートやサービスを受ける事が出来ますので、 是非ご登録ください。

メーカー公式ページ
http://www.debonosu.jp/debonosu/

  • 販売日: 2018年01月19日
  •   
  • (874)

基本的な話筋と敗北エロは前2作とそのままであるが、細かい部分では飽きないように差別化がされている。
例えばエロ担当の妖怪は、見事3作皆勤賞を果たした妖怪もいれば、前2作にはいなかった新規も採用されており、安定感と新鮮さの配分がよいシチュエーション構成となっている。
犯されるヒロインも快楽責めされる巫女ヒロインは同じだが、そのリアクションの違いから前の二人との区別がされている。「悔しい」や「こんな妖怪に負けるなんて」といった台詞がよくみられ、これまでのヒロインよりも勝気な部分が強調されている印象を受けた。当然、彼女特有の弱点(性感帯)もあり、そこを責められるとあっけなくよがる。相手によってはおねだりまでしてしまうほど、淫靡となる。
このように、メーカー様にユーザーが求めているエロシチュを作りつつ、マンネリを回避する工夫がされており、非常に好感のもてる作品となっている。

ゲーム部分では、ヒロインの技スキルが優秀であり、おそらく3作品の中で一番使い勝手が良いと思われる。これは彼女が実力のある巫女という設定がゲームでも体感できるようになっている証拠である。設定負けしないキャラユニットであると同時に、クリアのしやすさにもつながっており、評価できる。相手となる妖怪たちも、トリッキーな輩が多く登場し、エロ以外にもゲーム的な楽しさも提供している。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!罪を犯す者に天、人之を罰す。では善意に対しては?

2018年01月28日  

このレビューは参考になった x 5人

プロナント・シンフォニー
E.B.
1,944円 / 180pt (10%還元)
運命を操り、善も悪も自由自在――マルチエンディングの本格18禁ダンジョンRPG!
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音楽あり体験版
  • 販売日: 2017年05月01日
  • DL : 9215
  •   
  • (5158)

エロは催眠と敗北凌辱が各キャラのバランスよく割り当てられている。複数同時も多く、数が多いゆえの1キャラ当たりのボリューム不足感はない。
また催眠シチュは通常時とシーン時のギャップを活かし、その持ち味を生かすように設計されている。普段、ヒロインたちは善良で性に疎い部分が強調される。しかし催眠によって快楽に忠実なエロさを見せてくれるため、この綺麗が理不尽に翻弄される内容は官能的だ。

ゲーム部分もかなり力が入っている。合成や探索の範囲が徐々に広がってゆく冒険要素の拡大は常にワクワクさせる。スキル装備も特化型にするかバランス型にするかのキャラメイクが楽しい。戦闘も独自の「場」のシステムが面白く、オーソドックスなバトルシステムながらも夢中にさせてくれる。

個人的には、本作一番の魅力はストーリーであると思う。魅力、演出、キャラ性と構成など、語り始めたら止まらなくなるほど、どれも素晴らしい。字数制限のため、そのうちあまり注目されていないと思われる箇所一点に絞って語る。

お節介を承知ながら、プレイ時には特に注目してほしいキャラがいる。ペット役の幼竜「ドグ」である。彼は主人公ユリウスを、個性を持った人物として見せる効果を発揮している。その時々のユリウスの心境を、ドグの行動はユリウス自身に客観視させる。この演出により、ヒロインたちに劣らず、ユリウスも濃く描写される。ユリウスはプレイヤーの分身だけではなく、同時にこの物語に必要な人物であることが了解され、キャラクター性を高める。
この丁寧さは他にも当てはまり、重厚な話を形造っている。だからこそ、5人と1匹、そしてプロナントにかかわってきたすべての人々の想いが決着する終盤は、無類の感動を呼び起こすのである。

多くのプロナントが織りなす一つの楽曲さながらの本作、ゲーム、ストーリー、エロを求める方は必プレイの傑作である。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

信頼し合うパートナー同士を堕とす快楽。

2018年01月15日  

このレビューは参考になった x 1人

ARIELBEAUTY LAVENDAーラベンダー
二コリオン
756円 / 70pt (10%還元)
AI戦士「ラベンダ」の敗北パート集第1弾。 魔獣や幽霊系モンスターに 凌辱・・・ 憑依・・・ メロメロ!?
18禁同人ソフトCG集JPEGPDF同梱
  • 販売日: 2018年01月13日
  • DL : 162
  • (84)

レビュアーが選んだジャンル :

今回は新ヒロイン・ラベンダ&マジュの敗北集となっている。サンプルにある一癖も二癖もあるモンスターらにめちゃくちゃにされる。
全体的に快楽責めシチュであり、予想外の気持ちよさに負けて虜になる。基本は共通しているが、具体的な責め方はマニアックな領域となっている。完全に体を乗っ取られる、触手の大群に取り囲まれての全身弄られるなど、逃れようのない凌辱の数々に圧倒される。
戦闘前のクールな立ち居振る舞いからの快楽堕ちのギャップがいいスパイスとなっており、このシチュが好みならばご一考頂きたい作品である。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オススメ!複数ルートの利点を最大限生かしたストーリーエロRPG。

2018年01月15日  

このレビューは参考になった x 3人

鬼と刀のメリトクラシー
ONEONE1
2,268円 / 210pt (10%還元)
合計で基本枚数121枚!(基本CG枚数63枚、戦闘アニメ+Hアニメ58種類) 主人公単体でもCG48枚と過去最多の枚数です。 3ルート10エンディング
18禁同人ゲームロールプレイングアプリケーション音声あり音楽あり動画あり体験版
  • 販売日: 2018年01月11日
  • DL : 6836
  •   
  • (3719)

エロは紹介文通り、濃厚なものが揃っている。破瓜の恥辱であったり、負けた悔しさであったりと、犯された屈辱を強調している。
しかし、成果が実らずズブズブと悪い方向に沈んでゆくと、救いようもない悲劇へと進んでゆく。その場合、ヒロインも快楽に屈服し、生きる理由となっている復讐心も薄らぐほど落ちぶれる。アヘ顔や失禁、果ては魔族の出産までとアブノーマルなエロにピッタリのおぜん立てができており、強く気高い少女の底なしの転落を楽しめる。
またサブヒロイン全員にシーンがあり、いずれもグチョグチョに凌辱されるため、そつのない作りが嬉しい。

ゲームはクリアがしやすいよう設計されており、サクサクと進行してゆく。重要な分岐点では任意にルートを選べる選択肢もあり、引き継ぎもありと再プレイしやすい。複数ルートある本作にとってこれは大変ありがたい。

ストーリーは相当凝っており、どのルートも発見の楽しみがある。ミッションの成功・失敗でも微妙に結末が違っており、繰り返しプレイでも飽きないように作られている。本編中の合間にさしはさまる藍華の学園生活や、それ以外の人々の活躍・暗躍も話への興味を引き、同時にそのキャラの理解の助けとなり、自然とのめり込んでゆく。
王道な燃え展開も用意されているが、個人的には「強大な力との関係」という裏テーマがあるのではと勘ぐっている。作中で「力に呑まれるな」という描写が多く散見されることなどが根拠だ。力を適切に使うか、あるいは力に溺れるか。強大な力を持つもののあり方が藍華を中心に3ルートとも描かれている。敵側もまた力持つもののあり方を示しており、各ルートENDの藍華と比較すると、その対照性ないし相似性が面白く感じられるだろう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

井の中の蛙な褐色系ヒロインを徹底的に堕とす。

2018年01月11日  

このレビューは参考になった x 0人

異界戦士ナナツキ
ワスの家
648円 / 60pt (10%還元)
高飛車な貧乳褐色女戦士が敵の罠にはまり触手による凌辱、調教を受け身体も心も犯され快楽堕ちしてしまう戦うヒロイン物のエロマンガです。
18禁同人誌マンガJPEGPDF同梱
  • 販売日: 2018年01月05日
  • DL : 485
  • (251)

レビュアーが選んだジャンル :

これまでのヒロインとは違い、こちらは未熟さが生意気な性格として出ている。傲慢な振る舞い、露骨な侮辱など、相手にヘイトを持たせるような言動を繰り返す。
前作までの二人も「屈服させたい」「奴隷堕ちさせたい」と思わせてくれていた。しかしながら、ナナツキの場合はこれらに「完膚なきまでに犯しぬきたい」「身の程を教え込みたい」と、積極的な加虐心を煽るキャラメイクが施されている。3ヒロイン目であるにも拘らず、マンネリを回避して、彼女ならではの新鮮な凌辱を提供してくれる。
勿論、触手によりヒロインの抵抗むなしく、快楽堕ちする基本骨子は維持されており、読者の求めているものはしっかりと継承されている。個人的には、堕ちた後の落差が一番激しい印象を受け、性悦に夢中になっている姿が大変捗った。

次回からは新章に突入し、大きく動き出す。アビス・ピットとその愛姫たち、それらと対峙する人々の物語はどのようなものか。第4弾の早急な発表を待つばかりである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

電子書籍おすすめ特集

最終更新日:5月20日