({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 CLUB-Yフォローする
販売日 2018年10月13日 0時
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
15.09MB

作品内容

目を覚まして、最初に触れたのは暗闇だった。
深く深い、深淵のような暗黒と、肌に触れる硬質な冷たさに、ディルトはひそめた眉根を更に引き寄せ、唇の内側で小さく呻いた。
そうだ、自分は、あの戦いの後――。
「……く…っ」
呻いた拍子に、自らの肩口と背中に鈍く鋭い痛みが走って、その痛みは否が応にもディルトに最前の闘いの記憶を蘇らせた。
まがまがしい装飾の施された玉座の前、痛烈な一撃に倒れ伏したその瞬間、ディルトは自らの命運を悟って瞼を閉じた。
ここまでか――。
激しい痛みと薄れていく意識の狭間、ディルトはもう二度とは目覚める事はないと覚悟していた。
ここで、自分の人生は終わるのだ。
志半ばで倒れていった仲間たちと同じように、自分はこのまま、死を超えた向こう側の世界へと足を踏み込むのだ、と、そう思っていた。
だが。
「…………っ」
意識を取り戻したディルトの視界に飛び込んだのは、美しくほころぶ花々に取り囲まれた楽園でも、友愛に満ち満ちる旧友たちの待つ円卓でもなく……硬く、冷え切った、暗闇だったのだ。
「く……そ……っ」
痛む身体を庇いながら、ゆっくりと半身を起そうとして、ディルトは自らの手足が何か硬い物で拘束されている事に気が付いて唇を噛んだ。
重い手足に力を込めて、引きずるように持ち上げると、ジャラリ、と鈍い音色が鼓膜を揺する。
鉄枷か……。
自身の手足にがっちりとはめ込まれた鋼鉄の枷と鎖を見下ろしながら、ディルトは忌々しげに吐息を吐いた。
次第に暗闇に慣れ始めた双眼で辺りを見回すと、ディルトの視界には新たな情報が、暴力的に飛び込んでくる。
暗い色をした岩肌が剥き出しになったような床や壁、低く湿った不気味な天井、そして。
錆びついて、変色した、太く頑丈そうな鉄格子。
…………つまりは……捕らわれたのだ。


CLUB-Zによるカラー挿絵4枚(差分含め6枚)+モノクロラフスケッチ16枚収録。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「INTO THE HELL 魔獣の花嫁~汚辱の公開生交尾~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件