({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年09月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
56.16MB

作品内容

クラスメイトの誘拐現場に居合わせ、自身も共にさらわれてしまった不良少年、鷹尾翔(たかおしょう)。
誘拐の首謀者シン・ソールズベリは、標的とされた少年を性奴隷に調教して依頼主に引き渡す、奴隷調教師だった。
目撃者である翔もまた、性奴隷となるべく調教を受けることになる。

買い手が決まらないまま、調教すら中止され、メタモルフォセス館内に留め置かれる翔。
そんな翔に、接触を禁じられているはずのシャムが近づき、剣は突然車の運転を教えると言い出す。
彼らとぎこちない時間を過ごしながら、翔は思いを募らせていく。

この館にいたい。
シンのそばにいたい。
たとえそれが、シンの奴隷であったとしても。

変わらず翔に反発心を向け続けるシャム。
同情とも哀れみともつかぬ思いを抱きながら、それを押し隠して翔に接する剣。
作り物のように無機質だったマクシミリアンにも、翔に向けられた感情が微かに垣間見える。
唯一変わらず、変わるまいとしていたシンも、オークション組織からの知らせに激しく動揺する。

いよいよ翔を、手放さねばならない。
それも、もっとも望まぬ形で。

54ページの作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「メタモルフォセス館VIII―それぞれの惑い―」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件