({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年09月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
57.03MB

作品内容

ラスメイトの誘拐現場に居合わせ、自身も共にさらわれてしまった不良少年、鷹尾翔(たかおしょう)。
誘拐の首謀者シン・ソールズベリは、標的とされた少年を性奴隷に調教して依頼主に引き渡す、奴隷調教師だった。
目撃者である翔もまた、性奴隷となるべく調教を受けることになる。

オークションは始まった。
次々に競り落とされていく奴隷少年たち。
ついに翔も、調教師シン・ソールズベリにつれられ、舞台に立たされる。
男たちの目の前で愛撫され、淫らな姿を晒される中、翔に値段がつけられていく。
それが自分につけられたものだとはとても信じられないような高値が叫ばれる中、翔はシンから信じられない指示を出された。

自身の行く先。これしかないと決意して、オークションの場に立った翔には、受け入れがたい言葉。
だが、シンから告げられた「命令」の一言に、翔の中でなにかが弾ける。

48ページの作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「メタモルフォセス館VII―零れた想い―」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件