({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月17日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数29
ジャンル
ファイル容量
1.36MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

伝説のゲイ雑誌『さぶ』誌で熱筆を揮った幻の作家・江島厚!
小説単行本には未収載となっていた体育会SM読切作品を配信!

とある格闘系ジムの寮に下宿する事になった新入りジム生。
上級生の付き人としての、共同生活が始まるのだが…。

別の部屋から聞こえてくる怪しい物音、先輩のグラブの手入れ、素っ裸の新入生達…
外界と隔離された寮内で、男達は身も心も雄に磨かれていく…。

「『お前に、最初に言っとくがな、これが何を意味するか解るか?』
彼は、ベッドの中央を指差し、俺を見る。
そこは、丁度、真ん中の部分だけ、薄黒く汚れ、
明らかに、彼の寝た跡を示していた。
恐らく裸のままで眠るのだろう。
寝汗と、肉体からの分泌物で、こんなに汚れているのだ。
『ここが、俺の寝る場所だ、お前は、この余白のところに寝るんだ』
ダブルベッドの中央を占拠されては、もはや、ダブルの意味はない。
そのほんのわずかな残りが、俺に与えられた寝場所と言うのだ。」(本文より)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「インファイター~野郎の味は汗の味」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件