({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年10月11日
シリーズ名妖楼シリーズ
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数153
ジャンル
ファイル容量
4.74MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「こんな噂を知ってるかい? 妖楼にはあやかしが集うという――」

帝都最大の歓楽街、東座の奥にそれはある。
男専門の廓、妖楼。
雨の日に現れた客、霧島は店一番の花魁桔梗を指名するが、桔梗は自分の名代として茅を出向かせる。

袖にされても桔梗を指名して通い続ける霧島と、その度に茅を名代として出す桔梗。
そして、桔梗の代わりに霧島の話し相手になる茅。

桔梗は何故頑なに会おうとしないのか。
霧島は何故「桔梗に会わなければならない」のか。

そこにはある過去と、それぞれの秘密が関係していた。
なんとか間を取り持とうとする茅だったが、
自身も霧島に惹かれていることに気づくと、次第に桔梗の代わりであることが苦しくなってしまい――。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「妖楼蜜事」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件