({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年09月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数13
ジャンル
ファイル容量
1.21MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

なぜあの男は、あんなところで、あんな行為をしていたのか。
俺が男好きだと見抜いたからなのか。何かの罠なのか。それとも…。
ある日突然に、俺の中に吹いた淫微な風…それは危険な胸騒ぎの予感。

市営グラウンドで目撃してしまった、男の露出自慰行為。
相手はこちらに気づいているのか。仲間なら声をかけてみても良いのではないか。
様々な想いが錯綜するも、決定打に欠ける中で、主人公が取った行動は?
日常の中、突然の出会いから生まれた、期待と戸惑いを描いた、ショート作品。

「俺は勇気がなかった。俺にしてみれば逆にこの男が仲間だという確信がない。
この男が仲間でもないのに俺をホモと知ってからかっているのかもしれないとも思ったからだ。
もしそうだとしたら、俺をホモだと知っているとしたらそれはどうして知ったのか。
電車で行く町のハッテンバやサウナで会った覚えもない。
この町に俺がそうだと知る者が居て、その人間から教えられたのかもしれない。
もしそうだとしたら俺が引っ掛かった事をその人間たちと笑うのではないのか。
或いは賭けているかもしれない。
だから、ち○ぼを隠して見せないのも男自身の最後の恥を見せまいとしているのではないのか」

※原案/J.G.、G-men No.237掲載作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「赤シャツ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件