({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 墨ノフ
出版社名 シュークリームフォローする
レーベル moment
販売日 2016年06月29日
シリーズ名愛されたがりと恋しらず
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数28
ジャンル
ファイル容量
5.95MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

大学生の礼は、酔っ払って介抱された夜に誘われて以来、同級生である浩斗と体の関係が続いていた。
男とシてみたかったわけじゃない。
それまでは、ろくに話したことすらなかった。
流されてしまった一夜の熱は、おぼろげな記憶の中で…。
浩斗は気まぐれに礼の家を訪れては体を求め、行為中には時折、辱めるような言葉を吐いた。
どこまでも勝手でヒドい奴だと思う反面で、礼は自身に問いかける。
何で、体を許し続けているんだろう。触れるときの優しい指に、安心するんだろう……?
自分の気持ちに名前をつけあぐねる礼。
そしてそれは、浩斗も同じくだった。あまりにも不器用な2人の、体から始まった関係は───。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「愛されたがりと恋しらず(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件