({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年08月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数51
ジャンル
ファイル容量
2.42MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

体育会ガチムチ野郎ばかりが「踊り子」のストリップ劇場で巻き起こる、男同士の熱い友情物語!

ストリップ劇場といえば、きれいなお姉さんが裸になって踊るところ、と相場は決まっているはずなのだが…。
比較的ガチムチ系が多く集まるといわれている、
東京のあるゲイタウンにできたこの劇場は、ちょっと様子が違っていた。
ここでステージに上がって裸になって踊るのは、すべて男。
それもガチムチ体育会の男ばかりなのだった。そして、客も男ばかり…。
この劇場は、支配人・広川にとっての夢がかなったものである。
しかし、「踊り子」であるガチムチ体育会を集めるのはかなり至難の技であった。

ところが、とあるツテから面接にやってきたのは城山大学ラグビー部の現役3人組、田山・坂下・深山。
練習や試合続きでアルバイトをする暇もない3人にとっては、短時間かつ自由出勤の「踊り子」は願ったりかなったりのバイト。
男の前で裸になるということも、部活で互いの全裸を見慣れている彼らにとっては、大した問題ではなかった。
しかし、彼らを待ち受けていたのは、ただ「全裸で踊る」だけではなかった……。
欲望を抱えた男達が集まって来る劇場のステージで、彼らを待ち受ける苦難とは?
体育会の男達ならではの精神的連帯感と、深く結ばれた友情で、その苦難を乗り切れるのだろうか?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ガチムチストリップ劇場物語」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件