({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年11月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数101
ジャンル
ファイル容量
2.58MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

本物の「奴隷」になるための道程。
予想を遥かに超えた、苛酷だが愛情に満ちた調教の日々は俺を変えていく。

被虐指向の強い21才の青年が巡り会った本物の支配者。
逞しく強いその親方の下で舎弟になるための仕込みを受ける日々が続いている。
親方から出される指示に従うことを第一義に考えながらも、
若さ故に頭が追いつかず親方の怒りと買うこともあれば、
肉体的な疲労から失敗をして罰を与えられる事もある。
しかし、他の事はなにも考えず、ただ親方を信じてついていくことだけに専念する日々は、
青年の外見も中身をも変えていった。より男臭い野郎へと。
そして、それこそが青年がなりたいと願っていた姿なのだ。

しかし、親方の指導は終わる事が無い。
なぜなら青年は舎弟になるための道を歩んでいる過程にすぎないからだ。
舎弟とはどういう存在であるのか。頭では理解していても、
心からの理解にはなりえていない青年に対し、親方は苛酷な試練を与える。
その試練を前に、青年のとる行動とは……。

野郎修行調教秘録 蔵の家 第ニ話 舎弟としての人生の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「野郎修行調教秘録 蔵の家 第ニ話 舎弟としての人生」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件