({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年05月14日
シリーズ名孤独の群衆
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数204
ジャンル
ファイル容量
104.16MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

家族の愛情にめぐまれず、バイト先のオーナー・神津に父性に似たものを感じている主人公・太一。
神津ならば、自分が幼いころから欲しかった愛情を与えてくれるかもしれない……。
だが、神津が経営するスポーツクラブは裏の顔を持っていた。
ある日、バイト先でクラスメイトの高橋と遭遇した太一は、彼からおぞましい事実を知らされる。
ここでは若く美しい少年たちを集めて、金持ちの会員相手に売春をさせているというのだ。
太一は驚くが、神津とのつながりを失いたくないあまりに、沈黙することに決めた。
だがその決意を責めるかのように、少年たちのひとりが会員との情事の果てに、死亡した…。
神津はすべてを闇に葬るべく画策する。
それに異を唱える太一に向かって、
神津は「愛とか良心とか、見えないものをどうやって信じるんだ?」と冷たく言い放ってみせるのだった。
孤独な少年と男たちの哀しいBLダークロマンス、第1巻(全3巻)。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「孤独の群衆(1)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件